相談予約

TEL

Topics

フォト会食・会食付きフォトウェディングってどう?家族との食事会付きプランがおすすめの新郎新婦を紹介

会食付き フォトウェディング フォトウェディングモモナ
近年、少人数結婚式のかわりとしても人気の家族フォトウェディング。両家の家族と過ごす記念行事として、食事会付きフォトウェディングプランにも注目が集まっています。そこで今回は、会食付きの家族フォトウェディングのメリット・デメリットやおすすめの新郎新婦、東京神奈川近郊の料金プランについてフォトウェディングモモナ(Momona)が解説します。

結婚式を挙げない予定で、フォトウェディングで家族と結婚の記念を残したいと考えている新郎新婦の方はぜひ参考にしてみてください。

会食・家族との食事会付きフォトウェディングのポイント

  • フォトウェディングは会食付き・食事会付きプランのあるスタジオや式場も
  • フォトウェディング+食事会は結婚式より大幅にコンパクトな料金で可能
  • 結婚式を挙げたい気持ちが強いなら少人数結婚式のほうがおすすめ
  • 家族フォトウェディングと食事会を別々の会場で手配してもOK
  • 神奈川・横浜のフォトウェディングなら神社お寺結婚式プランも選べるMomona

目次

フォトウェディングは家族との会食付きプランも選べる?少人数結婚式との違いは?

近年、結婚や結婚式に対する価値観が多様化するにつれて、従来の挙式+披露宴+二次会というスタイルに必ずしもこだわらないウェディングの形が生まれてきています。

なかでも、盛大な結婚式の代わりに注目を集めているのがフォトウェディング。これは、ともに生きる誓いの気持ちを何より大切に、新郎新婦が結婚の記念に2人のウェディング写真を撮影するブライダルイベントです。

家族と結婚の記念を祝うフォトウェディング

ファミリーフォトウェディング 和装スタジオ撮影 フォトウェディングモモナ

このフォトウェディングは新郎新婦2人だけで行うこともできますが、フォトスタジオによっては家族・親戚を招いてファミリーウェディングのように写真撮影をすることもできます。家族フォトウェディングの人気に伴って、両家の家族を招いて一緒に食事をする会食付きのプランも登場してきました。

家族を中心としたミニマムな少人数結婚式

一方で、結婚式は挙げるものの、家族や親族・友人など招待するゲストの人数を絞って小規模で行う少人数結婚式も注目を集めています。少人数結婚式と家族フォトウェディングはどちらも参加人数を抑えて身内で結婚を祝う点が共通しているため、新郎新婦によってはどちらを選択すればよいか迷ってしまうかもしれません。

会食付きフォトウェディングと少人数結婚式はどっちがおすすめ?

そこでここからは、フォトウェディングに会食をするのと少人数結婚式のどちらがご家族におすすめかどうか、おすすめのシーンなどを詳しく比較していきます。

結婚式がメインなら少人数結婚式、写真撮影がメインならフォトウェディング

家族フォトウェディングの会食付きプランと少人数結婚式との大きな違いは、イベントの中心・目的が写真撮影か挙式や披露宴かという点です。

ブライダルイベント メリット デメリット
フォトウェディング ウェディングドレスを着て家族との写真撮影で結婚の記念が残せる 結婚式にこだわりたい新郎新婦には不向き
少人数結婚式 大規模な結婚式よりも費用がかからずアットホームな式ができる 結婚式と同じくある程度の準備期間と費用は必要

フォトウェディングでは、新郎新婦の二人だけで愛の証を写真に残す、いわば写真だけの結婚式をさします。そのため挙式や披露宴は行わず、会食付きのプランでは、撮影会場や提携レストランなどで家族・友人を招いて食事を楽しむスタイルです。

ただし、「ふたりだけの結婚式」「ふたりだけの挙式」のように、ホテルやフォトサービスによっては少人数結婚式に近いネーミングのプランもありますが実際は新郎新婦だけで写真撮影が中心の挙式を行うこともあるため、結婚式・挙式メインのイベントがしたいのか写真撮影をメインにしたいのかしっかりと調べておきましょう。

結婚式を挙げたい気持ちが強い新郎新婦には少人数結婚式がおすすめ

これに対して少人数結婚式は、家族や親族、友人など最大でも30人から40人程度で行う結婚式なので、挙式と披露宴という基本的な形は通常の結婚式とは変わりません。そのため、二人の結婚のお披露目をしっかりと行うことができ、大規模な結婚式を行うほど費用が掛からないというメリットはあります。

大掛かりではなくアットホームな結婚式を挙げたい、または目立つのが苦手というカップルは、少人数結婚式がふさわしいといえます。しかし、ウェディングムービーの撮影や進行の段取り、宿泊の手配など、かかる手間は一般的な結婚式と変わらないというデメリットもあります。

費用を抑えて自分らしく結婚の記念を写真に残したいならフォトウェディング

フォトウェディングは、新郎新婦2人または家族・友人など限られた人数で写真撮影を行うため大勢のゲストを招く必要がありません。結婚式よりも大幅に費用が抑えられるという点が大きなメリットです。式場との事前準備もほとんど必要なく、たとえ挙式は行わなくても教会やチャペルなど撮影場所が選べるというメリットがあります。

経済的に余裕がなかったり、形式にこだわりたくないなど様々な理由で結婚式を挙げないというカップルのブライダルイベントとしてもフォトウェディングは支持されています。費用と手間を抑えながら、新しい家族と結婚の記念を残すことができるので家族フォトウェディングや会食付きのフォトウェディングプランはおすすめです。

会食付きフォトウェディングの費用はどれくらい?

気になる費用についてですが、会食付きフォトウェディングであれば、10名参加で30万円前後というのが相場となります。フォトウェディングは行わずに親族との食事会のみ行うという場合、会場のプランによって異なりますが挙式も引き出物もないことを条件に10名参加で20万円前後というのが相場のようです。

結婚式より大幅にコンパクトな会食付きフォトウェディング

家族との会食付きフォトウェディングがおすすめの新郎新婦は、まず結婚式にかかる費用を抑えたいというカップルです。挙式と披露宴を伴う一般的な結婚式の平均相場が300万円前後といわれる中、その10分の1の費用で行える会食付きフォトウェディングは非常に魅力的でしょう。

また、当日までに1回~多くても数回の打ち合わせで準備が整うというメリットもあるため、スケジュールに余裕が欲しい新郎新婦にもおすすめです。

会食にかかる費用としては一人あたり1万5000円から2万円が相場というところですが、会食付きフォトウェディングの費用はどこで撮影するか・何を着て撮影するか・どんなオプションを付けるかなど各種サービスの条件によっても変わってきます。

フォトウェディングの平均費用も知っておこう

なお、フォトウェディングの費用内訳は撮影代・レンタル衣装代・撮影小物・アクセサリー代・ヘアメイク代・写真データ代・アルバム代が含まれます。
衣装が洋装の場合、屋内のスタジオ撮影であれば3万円程度が相場ですが、神社やチャペル、特定の場所など屋外のスポットに出向くロケーションフォト撮影では出張料が含まれて10万円から15万円程度となるのが一般的です。衣装が和装の場合は、スタジオ撮影が4万円から10万円、ロケーションフォト撮影では15万円前後が相場です。洋装も和装も両方着たいという場合では、スタジオ撮影が6万円から10万円程度、ロケーションフォト撮影では25万円程度になります。

家族とスタジオでフォトウェディングを撮影して、食事会は別の場所で手配する場合はこうした予算も頭に入れておくと良いでしょう。

フォトウェディングの写真撮影と食事会は別にしたほうがいい?

新婚旅行で2人だけのフォトウェディングをするなら家族との食事会は別日程に

なお、家族とフォトウェディングを行う場合でも、食事会と写真撮影の日程や会場を分けたほうが良いこともあります。それは、フォトウェディングと食事会を同時に行えない事情があるケースです。例えば新郎新婦の新婚旅行先で挙式やフォトウェディングを行い、家族・親族を招くことができない際は改めて食事会を行うことになります。

ロケーションフォトウェディングの場所にこだわるなら食事会とは別に計画

また、二人の思い出の場所でフォトウェディングを行いたいという新郎新婦も食事会は別に設定した方がよいでしょう。両家の食事会の場所は比較的柔軟に選ぶことができますが、それが必ずしも希望のロケーションフォトウェディングの撮影スポットやスタジオの近くでセッティングできるとは限らないためです。

東京・神奈川で会食付きフォトウェディングができるホテルの料金例

アクセスの良い東京都・神奈川県などの会食付きフォトウェディングプランとして、人気のホテルの実例を紹介します(2023年3月現在)。

  • ホテル椿山荘東京 10名97万9,220円~
  • ホテル雅叙園東京 4名21万4,500円~(平日限定)
  • 横浜ベイホテル東急 2名25万円~(1名追加につき1万6,000円)
  • 鎌倉プリンスホテル 2名24万7,590円~

ホテルの結婚式場が主催の会食付きフォトウェディングは、結婚式と同様の豪華な食事が楽しめますが参加人数や平日・土日祝の違いで費用もかなり高額になる傾向にあります。プランによっては、フォトウェディングではなく少人数結婚式に切り替えても良いケースもあるためサービス内容をよく確認しましょう。

東京・神奈川で会食付きフォトウェディングができるスタジオ例

東京都や神奈川県でホテルよりもリーズナブルに会食付きフォトウェディングを検討する場合、フォトスタジオ主催のプランもおすすめです。※掲載プラン・料金は2023年3月現在のものです。最新のプラン・料金は各オフィシャルサイトをご確認ください。

南青山ル・アンジェ教会の食事会付きフォトウェディング

東京都港区南青山の南青山ル・アンジェ教会では、「本格教会でのフォトウエディング+鉄人坂井シェフオーナーの名店レストランにて至極フレンチプラン」も用意されています(2023年3月現在)。こちらのプランには洋装1着に着付けとヘアメイク、スナップフォト撮影と提携レストランでの食事会が付いて14万1000円です。

ワタベウェディングの会食付きデータプラン

神奈川県横浜市西区にあるワタベウェディング系列の横浜ベイフォトスタジオでは、平日限定で「会食付データプラン」で平日に2名分の会食と衣装2点、ヘアメイク・着付けがセットで7万6,000円というキャンペーンも登場しています。会食の追加料金は1名あたり5,000円ですが、キャンペーンの対象期間が2023年4月までとなるため早めに比較しておきましょう。

横浜・神奈川県のウェディングフォトならフォトウェディングモモナ

根岸森林公園 桜ロケーション フォトウェディングモモナ
フォトウェディングモモナはスタジオ内の撮影セットも充実していて、ロケーションフォトでは横浜の山手ヘレン記念教会や山手西洋館をはじめとしたチャペル・洋館や和装が映える日本庭園・神社仏閣での撮影も人気です。家族とのフォトウェディングもできるほか、新郎新婦2人で結婚奉告祭や挙式が行える神社お寺結婚式プラン・教会結婚式プランも可能です。神社お寺結婚式プランでは、オプションでなかなか残すことができない会食のスナップ写真やムービーもオーダー可能。ご家族らしさにこだわったウェディングスタイルを追求できます。

また、神奈川県最大級のドレスショップ、プリンセスガーデンヨコハマが運営するウェディングフォトスタジオなので、500着以上のレンタルドレスや和装・着物が豊富に揃っています。理想のウェディングフォトにあわせて着付けや小物アレンジもおまかせ。ヘアメイクもプランに含まれていて、ドレス選びや髪型・スタイリングの相談もプロにできるので安心です。
横浜・鎌倉・川崎で新郎新婦らしいフォトウェディングを行うなら、フォトウェディングモモナへご相談ください。

フォトウェディングモモナの特徴

Photowedding Studio Momona

  • ウェディングドレス・和装のレンタル衣装が500着以上
  • 婚礼衣装のプリンセスガーデンヨコハマが運営するスタジオ
  • 横浜・鎌倉・川崎の人気スポットでロケーションフォト撮影
  • 湘南鎌倉の海で撮るビーチフォトウェディングも
  • 天候に左右されないスタジオウェディングフォト撮影
  • 家族と一緒のウェディングフォト撮影も可能

Momonaはおふたりの豊かな人生に
寄り添う写真スタジオ。
フォトウェディングでかけがえのない
大切な瞬間を思い出に残します。

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求
この記事を書いた人
フォトウェディングモモナ
MOMONAブランドは神奈川県横浜市に本社を置くモリノブライズ株式会社のウェディングフォト専門ブランドです。神奈川県最大級のウェディングドレスショップ、プリンセスガーデンヨコハマが運営するフォトウェディングモモナではレンタルドレス・婚礼衣装を500着以上取り揃え、スタジオウェディング・ロケーションフォトウェディングをはじめフォトウェディングやソロウェディング・神社お寺結婚式プランにも対応しています。

関連記事

来店予約・お問い合わせ 資料・カタログ請求