相談予約

TEL

LINE

Topics&News

トピックス&ニュース

Photo Wedding Momona.
Yokohama,Kawasaki,Kamakura
Topics

結婚式はしない?挙式をやりたくない新郎新婦の7つの理由と解決策!

結婚式はしない?挙式をやりたくない新郎新婦の7つの理由と解決策!フォトウェディングモモナ

結婚が決まったものの、「結婚式は挙げたくないな…」なんて感じていませんか?または、彼女や彼氏から「実は結婚式をやりたくない」と聞いて悩んでいる方も多いでしょう。この記事では、結婚式を挙げたくないときの理由と解決策を紹介します。
「結婚式をやりたくない」と思っている方や、パートナーから「挙式をしたくない」と打ち明けられた方は、ぜひじっくりと読んでみてください。

結婚式をしない新郎新婦におすすめの解決策

  • 高額な費用や長期間の準備がネックで結婚式を挙げない新郎新婦が多い
  • 新郎新婦2人の意見が違うときは、まずお互いの気持ちを話し合って
  • 結婚式なしでも、結婚報告・新婚旅行や顔合わせはおすすめ
  • フォトウェディングなら予算や日数を抑えて結婚の記念を形にできる!
  • 横浜/鎌倉/川崎のウェディングフォトならフォトウェディングモモナ

新郎新婦によくある結婚式を挙げたくない理由7選

今回は新郎新婦によくある結婚式を挙げたくない理由をピックアップし、ウェディングフォト専門のブライダルブランド、フォトウェディングモモナ(Momona)が解決策をお伝えします。
結婚式をしない・挙げたくない新郎新婦によくある理由は、大きく分けて以下の7つです。

  1. 結婚式は高額な費用がかかるから
  2. 結婚式を挙げる意味がないと思うから
  3. 結婚式の準備が大変だから
  4. 結婚式でゲストからの注目を浴びたくないから
  5. 結婚式の招待ゲストや席次を選ぶことが難しいから
  6. 結婚式を挙げること自体が難しいから
  7. マリッジブルーで結婚式をしたくないから

では、それぞれの理由の特徴を解説していきましょう。

1.結婚式は高額な費用がかかるからやりたくない

結婚式をやりたくない新郎新婦の大きな理由として、まとまったお金がかかることが挙げられます。
結婚式は、結婚式場を借りたり披露宴の料理を用意したりとどうしてもお金が必要です。
参列ゲストや親族からのご祝儀などを考慮しても、結婚式を挙げるには大体50万~150万円ほどの自己負担金がかかります。

結婚後の生活や出産、養育費を考えると、費用を抑えておきたいので結婚式をしないという方も多いでしょう。

2.結婚式を挙げる意味がないと思うから

新郎新婦のなかには、「結婚式を挙げる意味が分からない」と考える方もよく見かけます。
結婚自体は書類(婚姻届)を提出すればできるものなので、後は親族や友人・職場など親しい人に結婚報告をすればいいのではないかと思っているかもしれません。

結婚式への価値観は人それぞれなので、結婚するからといって無理矢理挙式をする必要はないでしょう。

3.結婚式の準備が大変だからやりたくない

結婚式は、結婚式場の手配やウェディングドレスなど婚礼衣装の選択・フィッティング、さらには招待状の送付など、やらなければいけないことがたくさんあります。
仕事で忙しい方はなかなか時間を作ることが難しいので、結婚式を挙げるのが億劫になってしまうのでしょう。

中には、結婚している友人から「結婚式は準備が大変だった」なんて話を聞いて、面倒くさいと思ってしまう新郎新婦もいます。

4.ゲストからの注目を浴びたくないから結婚式はやりたくない

結婚式はたくさんの人に祝福される場ですが、シャイな方だと注目を集めたくないと感じてしまうようです。
新郎新婦が主役だからこそ、結婚式当日はゲスト全員の前で脚光を浴びます。
人前に立ちたくない方にとって、結婚式はできれば避けて通りたいイベントなのかもしれません。

5.招待ゲストや席次を選ぶことが難しいから結婚式をしたくない

どんなゲストを選べばいいのか悩むのも、結婚式で起こりがちです。
同僚や上司はどこまで呼ぶべきか、呼ばないゲストに嫌な気持ちをさせないのか、結婚式の席次をどうすべきかなど、ゲスト関係で頭を抱えてしまうのが嫌な方もいるでしょう。
また、「友達が少ないから結婚式が億劫…」という方も多いです。

6.結婚式を挙げること自体が難しい

授かり婚など、体調面の心配から結婚式を挙げること自体が厳しい場合、あまり挙式はやりたくないと思いますよね。
お腹に赤ちゃんがいることで1日を通して楽しむことができないからと、出産前の結婚式を断念する花嫁さんもいます。
また、再婚の場合は1度結婚式を挙げたことで気まずいからと、挙式をしたくないという方も珍しくありません。

7.マリッジブルーで結婚式をしたくない

マリッジブルーとは、結婚前や結婚後に気持ちが落ち込んでしまうことを指します。
結婚によってこれまでの生活環境が変化し、新生活への不安を感じることで「結婚式を挙げたくない!」と思ってしまうのです。
マリッジブルーはパートナーと話し合うなど、原因を取り除くことで解消されるので、ぜひ1人で抱え込まないでくださいね。

新郎新婦どちらかが「結婚式を挙げたくない!」場合の解決策とは

結婚式はしない?挙式をやりたくない新郎新婦の7つの理由と解決策!フォトウェディングモモナ
結婚が決まったカップルで1人が「結婚式を挙げたくない!」と思っていても、もう1人が「挙げたい!」と思っている場合、どうすればいいのか分からなくなってしまいますよね。
こちらでは結婚式について2人の意見が異なった場合におすすめ具体的な解決策を紹介するのでチェックしてみてください。

まずは結婚式について2人で話し合う

結婚式への意見が新郎新婦で異なってしまったら、まずはお互いの意見について詳しく聞いてみましょう。
例えば、花嫁さんが「授かり婚で体調が不安だから結婚式を挙げたくない」と話しているなら、無理は禁物ですよね。
一方で、どちらかがマリッジブルーの場合、原因を解決できればお互いに笑顔で結婚式を挙げられるかもしれません。
パートナーのお互いの意見を聞きながら、2人が納得できる最良の解決策を考えてみましょう。

解説策1.フォトウェディングで結婚の記念を残す

フォトウェディングとは、婚礼衣装を着て撮影を行い、結婚式を挙げずに写真で結婚の思い出を作ることです。
ウェディングドレスなど挙式と同様の衣装を着て、フォトスタジオはもちろんチャペルや海などでフォトウェディング撮影をするので、2人の特別な記念になること間違いなしでしょう。

フォトウェディングは、費用も結婚式に比べてリーズナブルなので予算を抑えたい方にもおすすめです。

結婚スタイル 費用 準備期間
結婚式・前撮り 平均50万~150万円
(自己負担金)
結婚式当日まで約8ヶ月間
フォトウェディング 平均3万~25万円 打ち合わせ1回と撮影日のみ

フォトウェディングとは?魅力や費用など知りたいことを紹介!

解説策2.小規模な結婚式を行う

大規模な結婚式で目立つのが苦手な方や、準備に時間をかけたくない方は、小規模な結婚式を挙げてみましょう。親族や仲の良い友人だけなど、少ない人数だけで結婚式を開催すれば、アットホームな雰囲気で楽しむことができます。小規模ならゲストと話す時間もたくさん確保できるので、リラックスした結婚式を挙げたい新郎新婦にぴったりです。

結婚式を挙げなくても新郎新婦にやってみてほしいこと

2人で話し合って結婚式は挙げないことを決めた場合、結婚の記念にやってみてほしいことをまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

家族や周囲に結婚の報告をする

両親や親族はもちろん、同僚や上司、友人にも結婚の報告を行いましょう。両親には今まで育ててくれてありがとうの気持ちを込めて、手紙やプレゼントを贈るのもいいかもしれません。結婚報告は直接会って話すことが望ましいですが、相手が遠方に住んでいるなど難しい場合は電話などで行なってみましょう。
もしフォトウェディングなどで結婚の記念写真を撮った場合は、写真付きのはがきで報告するのもいいですね。

新婚旅行やフォトウェディングで結婚の思い出を作る

結婚は人生の一大イベントなので、この機会にぜひ新郎新婦2人の心に残る思い出を作ってみてください。例えば、2人で新婚旅行に行くのもいいですし、フォトウェディングでウェディングドレスとタキシードを着て写真撮影をするのも楽しそうですよね。思わず振り返りたくなる思い出を作れば、結婚後の新婚生活もいいスタートを迎えられるでしょう。

忙しくて新婚旅行に行く時間が取れない、飛行機の手配が必要な海外や沖縄だと2人のスケジュールがなかなか合わないという場合は東京都内近郊からも近い横浜近隣で宿泊付きのフォトウェディングプランを選ぶのもおすすめです。

フォトウェディングにおすすめの横浜・神奈川ホテル5選!

結婚の記念に両家で集まる(顔合わせ・食事会・結納)

結婚式を挙げないと決めた場合も、ぜひ新郎新婦それぞれの両家で集まってみてください。両家で顔合わせをして会食・食事会などを行なえば、絆も深まり今後の親戚付き合いもスムーズに進むことができます。結納と食事会のどちらを行うのかは、両家で話し合いながら決めてみましょう。

最近では、家族と一緒に行うフォトウェディングも結婚式を挙げないカップルの記念に人気があります。

家族フォトウェディングまとめ!メリットや撮影費用相場を徹底紹介

結婚式を挙げたくないときは2人で解決策を見つけよう!

結婚式を挙げたくない場合は、理由を明確にしたうえで解決策を探すのがおすすめです。新郎新婦どちらかの意見を突き通すのではなく、お互いに納得できる策を見つけるのが大切でしょう。2人で話し合いながら、自分たちにはどんな形が合っているのか模索してみてください。

フォトウェディングモモナは、「結婚式は挙げないけれど結婚の記念を形に残したい」「ウェディングドレスを着た姿を両親に見せたい」「ゲストを呼んだ盛大な結婚式はしないかわりに、家族と一緒に写真だけの結婚式を挙げたい」というカップルにも選ばれています。

モモナについて

フォトウェディングモモナの特徴

Photowedding Studio Momona

  • ウェディングドレス・和装のレンタル衣装が500着以上
  • 婚礼衣装のプリンセスガーデンヨコハマが運営するスタジオ
  • 横浜・鎌倉・川崎の人気スポットでロケーションフォト撮影
  • 湘南鎌倉の海で撮るビーチフォトウェディングも
  • 天候に左右されないスタジオウェディングフォト撮影
  • 家族と一緒のウェディングフォト撮影も可能

Momonaはおふたりの豊かな人生に
寄り添う写真スタジオ。
フォトウェディングでかけがえのない
大切な瞬間を思い出に残します。

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求

フリーダイヤル0120-838-808

(営業時間 10:00 - 17:00)

この記事を書いた人
フォトウェディングモモナ
MOMONAブランドは神奈川県横浜市に本社を置くモリノブライズ株式会社のウェディングフォト専門ブランドです。神奈川県最大級のウェディングドレスショップ、プリンセスガーデンヨコハマが運営するフォトウェディングモモナではレンタルドレス・婚礼衣装を500着以上取り揃え、スタジオウェディング・ロケーションフォトウェディングをはじめフォトウェディングやソロウェディング・神社お寺結婚式プランにも対応しています。
来店予約・お問い合わせ 資料・カタログ請求 公式LINEアカウント