相談予約

TEL

Topics&News

トピックス&ニュース

Photo Wedding Momona.
Yokohama,Kawasaki,Kamakura
Topics

おしゃれな韓国・中国ウェディングフォトとは?日本でも撮れる?

中国風ウェディングフォト フォトウェディングモモナ
今回はZ世代に話題の、おしゃれな韓国ウェディングフォト・中国ウェディングフォトについてウェディングフォト専門のブライダルブランド フォトウェディングモモナ(Momona)が紹介します。

結婚の記念にとびきり個性的な写真を撮りたいカップルや、トレンド感満載のフォトウェディングがしたい方におすすめです。新婚旅行がわりにもなる韓国・中国現地でのフォトツアーや日本国内で撮影するポイントについても詳しく解説するのでぜひ参考にしてみてください。

中国フォトウェディング・韓国フォトウェディングのポイント

  • SNSでZ世代を中心に話題の海外フォトウェディングスタイル
  • 中国フォトウェディングはセットアップや個性的な着こなしも特徴
  • 韓国フォトウェディングはおしゃれでロマンティックな雰囲気+レタッチも特徴
  • オリジナリティ重視のフォトウェディングなら持ち込み可能なスタジオで
  • レンタル衣装&撮影プランが充実のフォトウェディングモモナがおすすめ

Z世代に話題の中国風・韓国風ウェディングフォトとは?

中国と韓国のウェディングフォトは日本よりも個性的で、TikTokやInstargram・PinterestなどのSNSでZ世代から注目を集めています。中国ウェディングフォトと韓国ウェディングフォトでそれぞれ特徴が異なるので、違いと主なタイプから紹介していきましょう。

個性的からセレブ風まで!中国ウェディングフォト

中国ウェディングフォト フォトウェディングモモナ

中国ウェディングフォトの特徴と4つのタイプ

中国のウェディングフォトには、4つのタイプがあります。各タイプをミックスすることもありますが、それぞれの特徴について見ていきましょう。

  • 我流中国ウェディングフォト
  • アート風中国ウェディングフォト
  • 映画風中国ウェディングフォト
  • 伝統的な中国ウェディングフォト

中国ウェディングフォトスタイルの1つ、我流とは、カップルの個性を全面的に出したウェディングフォトです。新郎新婦がカラフルなセットアップで揃えたりジェンダーレスな雰囲気で撮影をしたり、ウェディングフォト=ウェディングドレスという固定概念がないことが特徴です。どこまでも自分らしさを表現できるため、Z世代を中心に人気があります。

2つめのタイプは、アート風のウェディングフォトです。ウェディングフォトに、現代アートやファッション誌の表紙のようなテイストを取り入れます。3つめが映画風のウェディングフォト。映画のワンシーンを思わせるフォトです。中国では、観光客が映画の撮影かと思って見物していたらウェディングフォトの撮影だったということがあるほど、規模が大きく本格的な撮影が行われます。

また、民族衣装を身に着けた伝統的な中国ウェディングフォトもテイストのひとつです。

中国ウェディングフォトのテイスト選びとアイデア探し

とことんオリジナリティを追及する個性派フォトウェディングなら我流、セレブ風におしゃれなフォトウェディングをするならアート風・映画風がぴったりです。

最新の中国ウェディングフォトをSNSなどで写真を検索するときは、「#婚攝」「#婚紗攝影」などのハッシュタグで中国ウェディングフォトが見つけやすいのでおすすめです。気になる写真があれば、コレクションやブックマークに保存しておきましょう。こんなウェディングフォトを撮りたい!と思う写真があればあるほど、フォトウェディングスタジオやカメラマンにイメージが伝わるので自分たちの理想を叶えやすくなります。

おしゃれでロマンティックな韓国ウェディングフォト

韓国風ウェディングフォト フォトウェディングモモナ

韓国ウェディングフォトの特徴と2つのタイプ

韓国のウェディングフォトには、「スドゥメ型」と「トータル型」があります。

  • スドゥメ型韓国ウェディングフォト
  • トータル型韓国ウェディングフォト

ヘアメイクとドレス選びはそれぞれの専門店で済ませ、フォトスタジオでは撮影のみを行うのがスドゥメ型です。反対にトータル型は、ドレス選びや着付け、ヘアメイクもすべてスタジオで行います。

韓国の2大都市であるソウルと釜山のフォトスタジオが人気でしたが、リゾート地の済州島(チェジュ島)がウェディングフォトの人気地に仲間入りしました。済州島は「韓国のハワイ」とも呼ばれ、ロマンチックなウェディングフォトが撮れることで人気を集めています。

また、韓国のウェディングフォトはレタッチが特徴です。レタッチは「加筆・修正」の意味を持ち、韓国ウェディングフォトは、レタッチ技術の高さで知られています。肌に透明感を出したり、ボディラインを補正したりするので、より魅力的なウェディングフォトに仕上げることができるでしょう。

SNSで韓国ウェディングフォトのアイデア探し

韓国フォトウェディングの最新写真をSNSで探すときは、ハングルでウェディングスナップを意味する「#웨딩스냅」やウェディングフォトを意味する「#웨딩사진」などのハッシュタグで検索するとさまざまな写真が見つかります。

中国ウェディングフォトと同じく、韓国ウェディングフォトも気になる写真があれば見逃さずに保存しておきましょう。後から「こういうイメージにしたかったんだけど、どこで見た写真だっけ?」となると、なかなか同じ写真を見つけるのが難しく理想のイメージが伝わりにくくなってしまうので気をつけたいポイントです。

中国ウェディングフォトはどこで撮れる?日本でも撮れる?

本場・中国でウェディングフォト撮影におすすめのスポット

実際に中国でウェディングフォトを撮るなら、まずは撮影のコンセプトを決めましょう。広大な中国では、複数の撮影地を巡ることが難しいからです。中国の絶景でウェディングフォトを撮りたいなら、水彩画で描かれたような美しい風景が望める桂林。中国の歴史を感じられる建物や街並みでの撮影は、成都や杭州、南京が適しているでしょう。また、かつてフランスの租界時代の建築物が残る上海は、中国でありながら西洋を感じられる景観が楽しめます。

絶景スポットを望むのか、歴史的な雰囲気を望むのか、ウェディングフォトの軸となるコンセプトを決めましょう。

日本から上海へ フォトツアーで撮るフォトウェディングも

「LA-VIE FACTORY(ラヴィ ファクトリー)」の上海フォトツアーを例に挙げると、ヘアメイクやアテンドを含めた値段は、2022年10月時点で約15万円です。渡航前に日本のドレスサロンで衣装を決めて小物や靴もレンタルできるので、日本で打ち合わせを済ませておけばパスポート以外に個人で準備をする物はありません。

上海でのウェディングフォト自体の撮影時間は4時間です。日本から上海までのフライト時間は約3時間40分なので、0泊2日の弾丸フォトツアーも可能ですが余裕を持ってスケジュールを調整しておきましょう。

フォトウェディング、前撮りならラヴィ・ファクトリー|上海で写真だけの結婚式

日本国内で中国風フォトウェディングを撮るなら

日本国内で中国風ウェディングフォトを撮りたいなら、理想のフォトウェディングについて柔軟に相談できて衣装や小道具の持ち込みができるフォトウェディングスタジオがおすすめです。

なかでも、神奈川県に本社を置くフォトウェディングモモナでは横浜中華街にも近いベイエリアや山手西洋館やみなとみらいの夜景などでロケーションフォトを行うことができ、2人らしいオリジナリティのあるウェディングフォトの相談にも応じてもらえます。

フォトウェディングレポを参考にスタジオを選ぼう!口コミと選び方を紹介

韓国ウェディングフォトはどこで撮れる?日本でも撮れる?

韓国ウェディングフォトを撮る際に、フォトスタジオの選択肢の多さを優先するならソウルか釜山が適しています。

本場韓国でウェディングフォトを撮るならソウル・釜山が豊富

韓国ウェディングフォトの定番スポットでフォトスタジオが多く、スドゥメ型やトータル型を含めた選択肢の豊富さが強みです。ソウルと釜山、成田からはどちらも約2時間30分で着きます。韓国のリゾート地でウェディングフォトを撮影したいなら、済州島が適しているでしょう。ビーチや花畑など自然を活かした撮影スポットがあり、四季ごとに違った魅力を持ちます。

韓国のリゾート地、済州島でのフォトツアーも

済州島のフォトツアーを提供する「AJARENA(アジェリーナ)」を例に挙げると、3~4着のウェディングドレスやヘアメイク、送迎や通訳がついて、2022年10月時点で基本プランが16万9800円です。航空費用や宿泊費用は含まれていません。こちらではトータル型とスドゥメ型を自由に選べます。

日本にいながら韓国風フォトウェディングが撮れるスタジオも

日本で韓国風ウェディングフォトを撮りたいなら、大阪府大阪市にある「Le Temps(ルタン)」などのスタジオもあります。本場の韓国フォトウェディングを目指し、細部にまでこだわった高いクオリティが強みです。

韓国ブランドを中心とした100着以上のウェディングドレスがあり、韓国で流行っているウェディング用のメイクやヘアスタイルを提供しています。また、韓国水準のレタッチ技術を有しているので、魅力的な仕上がりが期待できるでしょう。基本料金は、2022年10月時点で9万9000円です。

個性的なフォトウェディングを撮るなら持込自由のスタジオで

おしゃれな韓国・中国ウェディングフォトとは?日本でも撮れる? 大さん橋
個性的でおしゃれな中国ウェディングフォト・韓国ウェディングフォトは近年注目が集まっています。しかし、結婚を機に環境が変わったりと何かと忙しい時期は現地に渡航してのフォトウェディング・フォトツアーのタイミングが合わないことも。

日本国内で中国風ウェディングフォト・韓国風ウェディングフォトの専門スタジオが近くにない場合は、SNSなどで真似したい写真のアイデアを集めてオリジナリティのあるフォトウェディングをセルフプロデュースするのもおすすめです。セルフプロデュースのポイントとして、イメージに合ったセットがあるスタジオ、海外風のロケーションで撮影できるスタジオ、豊富な衣装がレンタルできるスタジオ、小道具や衣装・アクセサリーが持ち込めるスタジオ、打ち合わせで理想のフォトウェディングについて詳しく話せるスタジオを探すと実現しやすいです。

横浜・鎌倉・川崎で2人ならではの理想のウェディングフォトを撮るなら、フォトウェディングモモナにご相談ください。

レンタルドレス・衣装ギャラリー
撮影メニュー – フォトウェディングモモナ|ウェディングフォト専門ブランド

フォトウェディングモモナの特徴

Photowedding Studio Momona

  • ウェディングドレス・和装のレンタル衣装が500着以上
  • 婚礼衣装のプリンセスガーデンヨコハマが運営するスタジオ
  • 横浜・鎌倉・川崎の人気スポットでロケーションフォト撮影
  • 湘南鎌倉の海で撮るビーチフォトウェディングも
  • 天候に左右されないスタジオウェディングフォト撮影
  • 家族と一緒のウェディングフォト撮影も可能

Momonaはおふたりの豊かな人生に
寄り添う写真スタジオ。
フォトウェディングでかけがえのない
大切な瞬間を思い出に残します。

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求
この記事を書いた人
フォトウェディングモモナ
MOMONAブランドは神奈川県横浜市に本社を置くモリノブライズ株式会社のウェディングフォト専門ブランドです。神奈川県最大級のウェディングドレスショップ、プリンセスガーデンヨコハマが運営するフォトウェディングモモナではレンタルドレス・婚礼衣装を500着以上取り揃え、スタジオウェディング・ロケーションフォトウェディングをはじめフォトウェディングやソロウェディング・神社お寺結婚式プランにも対応しています。

関連記事

来店予約・お問い合わせ 資料・カタログ請求