相談予約

TEL

Topics&News

トピックス&ニュース

Photo Wedding Momona.
Yokohama,Kawasaki,Kamakura
Topics

プレ花嫁が知っておきたいマリッジブルーの原因&解消法

悩むポーズの新婦 フォトウェディングモモナ

今回は結婚が決まったプレ花嫁さんで気になる方も多いマリッジブルーについてフォトウェディングモモナ(Momona)が解説します。結婚準備や新生活が始まるとこれまでの心境に変化が現れることもあるので、先輩花嫁に多い原因と解消法を事前にチェックしておきましょう。

意外と知らないマリッジブルー対策まとめ

  • 新婚夫婦のマリッジブルーは意外と身近な悩み、放置しないことが大切
  • 花嫁の半数以上、約6割がマリッジブルーを経験したというアンケート調査が
  • 新郎も約4割近くがマリッジブルーを経験したというゼクシィ調べも
  • お互いを尊重して結婚感やウェディングスタイルを話し合うと円満に行く場合も
  • 神奈川・横浜のフォトウェディングなら県内最大級ドレスショップ運営のMomona

結婚前後に多いマリッジブルーとは?主な症状や原因を知っておこう

マリッジブルーとは、結婚のことを考えると落ち込んでしまったり不安に感じやすくなる心境のことです。プロポーズされた瞬間は「幸せ!」と思っていても、結婚の準備を進めるにつれて思いがけずマリッジブルーになってしまうこともあるため症状や原因について知っておきましょう。

結婚後に不安やイライラを感じることも…マリッジブルーの主な症状

マリッジブルーの主な症状は精神面でナイーブになり、不安やイライラを感じやすくなってしまうことです。日常生活で不安を感じたり憂鬱になってしまうことが増えたり、自分でも訳が分からないうちに涙が出てしまうこともあります。普段なら気にしない些細な行動や一言が気になり、相手に当たってしまうことも珍しくありません。

また、心の不調だけでなく身体にも症状が出ることもあり、不安やストレスから不眠症になったり食欲の減退や摂食障害などにつながってしまう場合もあります。結婚前後に急に健康上の問題が発生した場合は、マリッジブルーが原因かもしれません。

ゼクシィによるアンケート調査では、マリッジブルーを経験した新婚さんの割合は花嫁さんで約6割(61.1%)と半数を超えています。

マリッジブルーの原因&対策は?卒花の体験談【臨床心理士アドバイス付き】|ゼクシィ

ブレインクリニックでは、マリッジブルーを放置する危険性や注意したい症状などを精神科医が解説しているので参考にしてみてください。

マリッジブルーが長引く人は適応障害かも?症状と原因、治療法について | ブレインクリニック

新婚生活や結婚式準備などマリッジブルーの主な原因

喧嘩をする新郎新婦 フォトウェディングモモナ

マリッジブルーの主な原因は、新婚生活に対する不安です。結婚すると同棲していなかったカップルもパートナーと共に生活することになるため、今までのように1人の時間が確保された自由な暮らしではなくなります。一緒に過ごす時間が長くなったことで、結婚前には気付かなかったパートナーとの価値観の違いに直面することもあります。

また、仕事面での不安を感じる人も多いでしょう。結婚後も仕事と家庭を両立できるのか、もし子供を授かったら協力して出産・育児ができるかなど、先のことを考えて不安になってしまうケースが多いです。

結婚式を挙げるカップルの場合、結婚式の準備でストレスを感じてしまう人もいます。
結婚式場や衣装選び、招待客のリストアップなど、結婚式までにやることは山積みです。結婚式の準備は期間も長いため、どちらかのパートナーが積極的に準備をしていないと「私ばかりに負担がかかっている」と不安が募ってしまいます。特に結婚式や新婚旅行に対するこだわりが強いパートナーの場合、準備に非協力的な相手に対して「結婚したいと思っていないのでは?」と不安を感じてしまう可能性が高いです。

コミュニケーション不足から気持ちのすれ違いが起きてしまわないように注意しましょう。

新郎になる男性がマリッジブルーになってしまったら ストレスを貯めない乗り越え方

マリッジブルーというと女性をイメージする人が多いかもしれませんが、新郎になる男性もマリッジブルーになる可能性があります。先ほど紹介したゼクシィによるアンケート調査では、男性も4割近い37.9%がマリッジブルーを経験したと回答しています。

男性に多いマリッジブルーの原因

新郎マリッジブルー フォトウェディングモモナ

男性がマリッジブブルーになる原因の一つは、1人の時間がなくなること。特に自分の趣味を持っている男性は、1人の時間を大切にしている人が多い傾向にあります。また、結婚に対して強く責任を感じたタイミングでマリッジブルーになってしまう人も多いようです。

金銭的なプレッシャーからマリッジブルーになる人も珍しくありません。男性の場合は「これからは家族を支えていかなければ!」などと、お金面でのプレッシャーを感じやすいといわれています。また、新婦と同様に結婚式の準備について意見が食い違って喧嘩に発展してしまって、パートナーに対する不信感を感じてしまう可能性も少なくありません。

マリッジブルーの乗り越え方

もし自分がマリッジブルーかもしれないと思ったら、パートナーと話し合う時間を作りましょう。実際に結婚すると、2人で話し合わなければいけない機会がたくさんあります。結婚前からお互いに素直な気持ちを話し合う時間を確保し、2人で問題を解決しておきましょう。

結婚を控えたカップルであっても、育った環境やライフスタイルが違う2人が一緒に住むことになれば新婚生活のはじめに不満を感じるのは当然のことです。自分のルールを押し付けずに、2人のルールを作っていくようにしましょう。

また、不安を1人で抱え込まずに、第三者に相談する機会を作るのもおすすめです。第三者に相談すれば、冷静な意見や解決案を提案してくれる可能性が高いでしょう。

結婚式・ブライダルイベントがマリッジブルーの原因になることも?

結婚式はウェディングプランナーをはじめプロのサポートを借りる

悩みを聞くプランナー フォトウェディングモモナ

結婚式の準備でマリッジブルーを起こさないポイントは、結婚式のプロのサポートを借りることです。2人で全ての準備をしようとすると、いつまで経っても結婚式の用意が終わりません。プロのアドバイスを受けながら楽しく結婚準備ができそうなプランナーを選ぶと、カップルの負担が軽減してマリッジブルーになることを避けられます。

プレッシャーや金銭的な理由など、大人数のゲストと祝う挙式・結婚式があまり好みではなかったり気乗りしない場合は家族や親しい友人だけで行う少人数結婚式も検討してみましょう。

家族婚は少人数結婚式と家族フォトウェディングどっちがおすすめ?

結婚式をしない決断もアリ フォトウェディングなら自由度アップ

結婚式自体に憧れがなかったり、2人だけで結婚の記念を残したい新郎新婦であれば最初から負担の大きい結婚式ではなく、フォトウェディングを選ぶのも選択肢のひとつです。フォトウェディングは結婚式より準備期間がコンパクトで、費用面もぐっと安い分衣装や演出の自由度が高いので2人らしい結婚写真が残せます。

結婚式はしない?挙式をやりたくない新郎新婦の7つの理由と解決策!

フォトウェディングはフォト婚やふたりだけの結婚式などの名称でも知られていて、チャペルを貸し切って写真撮影ができるプランや神社仏閣・観光スポット・洋館・庭園など撮影場所が前撮りよりも自由なことでも注目を集めています。

プランによっては新郎新婦2人だけでなく家族を招いて写真撮影をすることもできるので、大規模な結婚式は挙げたくないけどウェディングドレスを着た花嫁姿は両親に見せてあげたいという方にもおすすめです。

ふたりだけの結婚式って何するの?費用や後悔しないポイントを解説

新婚旅行を円満に過ごすために

また、新婚旅行でマリッジブルーを起こさないためには、お互いが納得する新婚旅行プランを考えることです。どちらかが不満を持ったまま新婚旅行に行ってしまうと、旅行中に喧嘩になってしまうかもしれません。

もし結婚式と新婚旅行の予算が限られているなら、どちらの優先順位が高いかしっかり話し合うことが大切です。新婚旅行に思い切りお金をかけたいなら結婚式を挙げるか再検討した方が良いですし、ハワイなどのリゾートウェディングに憧れがない新郎新婦であれば無理に海外リゾートへ行かなくても満足度の高いハネムーンができます。

現代ではさまざまな結婚の形があるので、負担がなく2人の理想にぴったりのスタイルをしっかり話し合ってみましょう。

写真だけでもOK!結婚式スタイル・挙式の形式とブライダルフォトの種類一覧

神奈川県のウェディングフォトならフォトウェディングモモナ

横浜大さん橋 洋装ロケーション撮影 フォトウェディングモモナ

フォトウェディングモモナは神奈川県最大級のドレスショップ、プリンセスガーデンヨコハマが運営するウェディングフォトスタジオなので、500着以上のレンタルドレスや和装・着物が豊富に揃っています。理想のウェディングフォトにあわせて着付けや小物アレンジもおまかせ。ヘアメイクもプランに含まれていて、ドレス選びや髪型・スタイリングの相談もプロにできるので安心です。

またスタジオ内の撮影セットも充実していて、ロケーションフォトでは横浜みなとみらいや鎌倉・川崎など和装が映える日本庭園・神社仏閣での撮影も人気です。家族とのフォトウェディングもできるほか、新郎新婦2人で結婚奉告祭や挙式が行える神社お寺結婚式プラン・教会結婚式プランも可能です。

横浜・鎌倉・川崎で新郎新婦らしいフォトウェディングを行うなら、フォトウェディングモモナへご相談ください。

撮影メニュー – フォトウェディングモモナ|ウェディングフォト専門ブランド

フォトウェディングモモナの特徴

Photowedding Studio Momona

  • ウェディングドレス・和装のレンタル衣装が500着以上
  • 婚礼衣装のプリンセスガーデンヨコハマが運営するスタジオ
  • 横浜・鎌倉・川崎の人気スポットでロケーションフォト撮影
  • 湘南鎌倉の海で撮るビーチフォトウェディングも
  • 天候に左右されないスタジオウェディングフォト撮影
  • 家族と一緒のウェディングフォト撮影も可能

Momonaはおふたりの豊かな人生に
寄り添う写真スタジオ。
フォトウェディングでかけがえのない
大切な瞬間を思い出に残します。

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求
この記事を書いた人
フォトウェディングモモナ
MOMONAブランドは神奈川県横浜市に本社を置くモリノブライズ株式会社のウェディングフォト専門ブランドです。神奈川県最大級のウェディングドレスショップ、プリンセスガーデンヨコハマが運営するフォトウェディングモモナではレンタルドレス・婚礼衣装を500着以上取り揃え、スタジオウェディング・ロケーションフォトウェディングをはじめフォトウェディングやソロウェディング・神社お寺結婚式プランにも対応しています。

関連記事

来店予約・お問い合わせ 資料・カタログ請求