相談予約

TEL

Topics

ウェディングドレスの購入とレンタルで悩んだら 相場・セミオーダーや格安ウエディングドレスの注意点も解説

ウェディングドレスショップ フォトウェディングモモナ

大切なブライダルシーンの準備で花嫁さんの悩みの種となるのが、ウェディングドレス選び。今回は、ウェディングドレスを購入するかレンタルするか悩む花嫁さんの参考になる相場や、格安ドレスで失敗しないポイントをフォトウェディングモモナ(Momona)が紹介します。
予算も時間も限られているけれど、理想のウェディングドレスを選びたい!という花嫁さんはぜひ参考にしてみてください。

ウェディングドレスの調達方法の違いまとめ

  • 理想のウエディングドレスにこだわるなら購入・オーダーメイド仕立て
  • 費用を抑えて手軽に用意するならレンタルウェディングドレス
  • レンタルはウェディングドレスの種類が豊富で小物も借りられるショップがおすすめ
  • フォトウェディングなら貸衣装と写真撮影・ヘアメイク・着付けまでトータル利用可能
  • 神奈川・横浜のフォトウェディングなら県内最大級ドレスショップ運営のMomona

ウェディングドレスは買うべき?借りるべき?購入とレンタルの違いを比較

ウェディングドレスの準備方法 メリット デメリット
ドレスレンタル
貸衣装を利用
  • 購入よりも安くて手軽
  • 小物もまとめてレンタルできる
  • 事前準備やメンテナンスが不要
  • 選べるデザインが限られる
  • 着る回数ごとに費用がかかる
ドレスを購入
ドレスを買う・仕立てる
  • 自分だけの新品ドレスが着られる
  • 理想のデザインにこだわれる
  • 何度着ても費用が膨らまない
  • レンタルよりも高額
  • オーダー~完成まで時間がかかる
  • 購入後のメンテナンスやお手入れが不可欠

ドレスレンタルは手軽さと利便性の高さが合理的な花嫁さんに人気

ウェディングドレスをレンタルした場合のメリットは、コストパフォーマンスの高さと手軽さです。ドレスレンタルの場合は購入するハードルが高いラグジュアリーブランドのドレスも低価格で着ることができますし、フォトウェディングスタジオや結婚式場と提携しているドレスショップであれば、割引プランなどで通常よりもお得な金額でレンタルできることもあります。

また、ドレスレンタルならウェディングドレスはもちろん、靴・コルセット・パニエ・グローブ・ウェディングベールにアクセサリーなどの小物類もまとめて用意できるので準備が簡単ですし、使用後のクリーニングや保管の手間もかかりません。

ドレスレンタルは選択肢が限られる&割高になるケースに注意

一方で、ドレスショップのラインナップのなかからしか選べない点はウェディングドレスをレンタルするときのデメリットです。オーダーメイドとは異なり、デザインが決まっている既製品のドレスから選ぶので自分のこだわりを100%活かせるドレスに巡り合えない可能性がありますし、人気のウェディングドレスがすでに予約済みでレンタルできないこともあります。

また、レンタルの利用方法によっては費用がやや割高になることがあるというケースもあります。例えばウェディングドレスのレンタルがセットになっているプランでも、ドレスのグレードを上げると追加料金が発生しますし、提携外のドレスショップから衣装を持ち込むときには持ち込み料がかかるなど、トータルの支払額に注意が必要です。

それから、レンタルドレスは基本的に1回の利用ごとに料金が発生するため、結婚式を挙げる新郎新婦で前撮り・挙式・披露宴と日を分けてウェディングドレスを着用する場合には購入よりレンタルのほうが割高になるかもしれません。

ウェディングドレスを購入するとデザインにこだわれる&複数回着ても費用が変わらない

いっぽう、ウェディングドレスを購入した場合、自分だけの一着が手に入り何度でも着られて汚れなども気にせずに済みます。誰も身につけていない新品に袖を通すことができるのはもちろん、レンタルのラインナップにはないブランド・素材のデザインのウェディングドレスが手に入ります。オーダーメイドやセミオーダーでとことんデザインにこだわることもできますし、また、レンタルのように回数を気にせずウェディングドレスを着用できますので、海外挙式の後に日本で披露宴をしたり、フォトウェディングのあとに友達との少人数ウェディングパーティーで着たり、姉妹や子供に使ってもらったりすることが可能です。ガーデンウェディングやビーチフォトウェディングでもしドレスが汚れてしまってもペナルティがなく、安心して着られる点も魅力でしょう。

ウェディングドレスを購入する場合費用と準備の時間に余裕が必要

もちろん、レンタルのように手軽ではないためウェディングドレスの購入費用が高額になりがちなこと、準備や管理に手間がかかることなどがデメリットといえます。セミオーダー・オーダーメイドのウェディングドレスの場合、採寸・仕立てから完成までに時間がかかるため余裕をもった準備が必要です。

既製品のウェディングドレスの購入であっても、フィッティングをして自分のサイズに合わせて調整することがほとんどですので、フォトウェディングや挙式当日に着られるウェディングドレスの完成までには時間がかかりがちです。
また、ウェディングドレスを購入する場合はレンタルよりも費用が高額になるだけでなく、結婚式場やフォトスタジオへの持ち込み料金が発生することもあります。ドレス本体は購入してあっても、別途小物類をレンタルや購入で準備しなければならないため、トータルコストについてもきちんと確認しておきましょう。

さらに、ウェディングドレスのサイズ調整や小物のチェックなどメンテナンスも自分で行う必要があります。加えて、挙式やフォトウェディングの後にはクリーニングに出して管理やリメイクをするなど、使用後の負担も大きいので収納スペースとお手入れの手間も見込んで検討しましょう。

ウェディングドレス購入のポイントと相場解説

ポイント解説をする花嫁 フォトウェディングモモナ

ウェディングドレスを購入するときには、いくつかの注意点があります。

結婚式やフォトウェディング当日までに余裕を持って購入

まず、購入の場合はウェディングドレスの完成までに意外と時間がかかります。完成後にサイズが合わなかったなどのトラブルが発生する可能性に備えて、余裕を持ったスケジュールで注文しましょう。また、美しくウェディングドレスを着こなすためには試着が欠かせません。事前にドレスショップなどで採寸・フィッティングをして、体型が大きく変わらないように挙式を迎えましょう。

ウェディングドレスの購入費用はオプションでさらに高額になることも

ウェディングドレスの購入価格は非常に幅広いです。例えば、歴史のあるブランドとして知られるYUMI KATSURA(桂由美)のウェディングドレスは約26~78万円となっており、ハツコエンドウ・JILL STUART・VERA WANGなど人気ブランドのウェディングドレスであれば約30万~100万円程度の価格帯が中心です。

フルオーダーであればさらに金額が跳ね上がりますが、セミオーダーでもオプションをあれこれつけると金額が上がるので注意しましょう。ウェディングドレスのお直しやリメイクは、購入したドレスショップに相談すると素材や仕立てについても詳しいので安心です。

ウェディングドレスを着用したあとは、できるだけ早くウェディングドレス専用のクリーニングに出した後、ビニールから出して風通しの良いところに吊るして保管します。

通販で格安ウェディングドレスを購入するのは危険?

考える花嫁 フォトウェディングモモナ

試着なしで通販でウェディングドレスを購入する人もいますが、できるだけ実物を見てから購入するのがおすすめです。特に数万円や1~2万円前後などの格安すぎるウェディングドレスや中古のウェディングドレスは、写真だけでは生地の質感や厚み、正確な色味が分かりません。

商品ページで見るとおしゃれだったのに実際に届いたらペラペラのドレスで縫製や刺繍も荒く、シルエットも美しくなかったというケースには十分注意が必要です。
ウェディングドレスとして売られていても、あまりに格安の場合仮装の衣装やウェディングドレス風の洋服なども含まれているためよく見極めましょう。

特に個人のフリマアプリなどは返品ができないことが多いので避け、ドレス専門店など返品や交換、サイズ調整に対応している店舗でウェディングドレスを選ぶのがおすすめです。


ウェディングドレスを賢くレンタル!失敗しないドレスレンタルのポイント

ウェディングドレス フォトウェディングモモナ

ウェディングドレスをレンタルする場合は、早い者勝ちになります。挙式やフォトウェディングが決まったら、できるだけ速やかにドレスレンタルショップに予約を入れましょう。レンタルのウェディングドレスも種類が豊富ですが、事前に着たいドレスのイメージをしておくと、試着の時に選びやすくなります。

なお、ドレスのレンタルショップだけでなく、フォトウェディングで利用するスタジオからドレスを借りることも可能です。ドレスの種類も豊富で、屋外に出て撮るロケーションフォトウェディングも楽しめますし、結婚式はしない予定の新郎新婦や挙式・前撮りとは別にいろいろなウェディングドレス姿を記念に残したいという花嫁さんにも向いています。

フォトウェディングモモナのスタジオ洋装プランの場合、平日は19,800円・土日祝は41,800円で撮影料金とドレスとタキシードと小物のレンタル・着付けにヘアメイクまでが含まれるのでおすすめです。

ウェディングドレス選びは客観的な意見も取り入れてじっくりと

ウェディングドレス 相談 フォトウェディングモモナ

試着の枚数や時間はドレスショップによって制限されています。1回につき3着程度試着できるドレスショップの場合、1度でドレスが決まらず数回足を運ぶ花嫁さんもいます。試着したウェディングドレスは、正面、横、後ろから写真撮影して客観的に自分のなりたい雰囲気やスタジオ・式場に合っているか確認するとともに、同伴者やパートナーにも意見を聞くのがおすすめです。

ウェディングドレスは持ち込み料も事前確認がおすすめ

結婚式場やスタジオと提携したドレスレンタルショップ以外からウェディングドレスを借りる場合は、持ち込み料金がどうなっているのか確認しましょう。逆に、結婚式場やフォトウェディングスタジオでドレスをレンタルした場合は別の会場にドレスを持ち込めるのか調べておく必要があります。

神奈川県のウェディングフォトならフォトウェディングモモナ

洋装スタジオ撮影 フォトウェディングモモナ

フォトウェディングモモナは神奈川県最大級のドレスショップ、プリンセスガーデンヨコハマが運営するウェディングフォトスタジオなので、500着以上のレンタルドレスや和装・着物が豊富に揃っています。理想のウェディングフォトにあわせて着付けや小物アレンジもおまかせ。ヘアメイクもプランに含まれていて、ドレス選びや髪型・スタイリングの相談もプロにできるので安心です。

またスタジオ内の撮影セットも充実していて、ロケーションフォトでは横浜みなとみらいや鎌倉・川崎など和装が映える日本庭園・神社仏閣での撮影も人気です。家族とのフォトウェディングもできるほか、新郎新婦2人で結婚奉告祭や挙式が行える神社お寺結婚式プラン・教会結婚式プランも可能です。

横浜・鎌倉・川崎で新郎新婦らしいフォトウェディングを行うなら、フォトウェディングモモナへご相談ください。

フォトウェディングモモナの特徴

Photowedding Studio Momona

  • ウェディングドレス・和装のレンタル衣装が500着以上
  • 婚礼衣装のプリンセスガーデンヨコハマが運営するスタジオ
  • 横浜・鎌倉・川崎の人気スポットでロケーションフォト撮影
  • 湘南鎌倉の海で撮るビーチフォトウェディングも
  • 天候に左右されないスタジオウェディングフォト撮影
  • 家族と一緒のウェディングフォト撮影も可能

Momonaはおふたりの豊かな人生に
寄り添う写真スタジオ。
フォトウェディングでかけがえのない
大切な瞬間を思い出に残します。

\ご相談も可能/

無料来店予約

\3分で資料請求完了/

資料請求
この記事を書いた人
フォトウェディングモモナ
MOMONAブランドは神奈川県横浜市に本社を置くモリノブライズ株式会社のウェディングフォト専門ブランドです。神奈川県最大級のウェディングドレスショップ、プリンセスガーデンヨコハマが運営するフォトウェディングモモナではレンタルドレス・婚礼衣装を500着以上取り揃え、スタジオウェディング・ロケーションフォトウェディングをはじめフォトウェディングやソロウェディング・神社お寺結婚式プランにも対応しています。

関連記事

来店予約・お問い合わせ 資料・カタログ請求